事業内容

交通安全施設工


区画線・路面標示

皆様の身の回りにある白い線、車や人を安全に通行させる為の無くてはならないライン。実は私達が作っています。
区画線・路面標示
  • 区画線・路面標示
  • 区画線・路面標示
  • 区画線・路面標示

標識

道路の安全かつ円滑な利用を図るため 案内・警戒・規制・指示などの標識板を設置及びメンテナンス等を行っています。
標識
標識の種類
本標識 案内標識 道路利用者に対して、市町村の氷塊、目的地や通過地への方向及び距離・著名地点への交通の目標等を示すとともに、利用者の利便のため必要な沿道に関する各種の案内を行う。
警戒標識 道路利用者に対して、道路の状況及び、その沿道における運転上の危険又は注意すべき状況を予告する。
規制標識 道路交通上の禁止、制限又は指定を行う。
指示標識 交通上必要な地点等の指示を行うとともに規制を予告する。
補助標識 本標識に付置して、本標識の意味を補足するもの。
  • 標識

道路用カラー舗装工

路面をカラー化することで車道や歩道の通行区分をはっきりさせる。これによりドライバーが安全に走行しやすくなることで事故を抑制させます。
道路用カラー舗装工

交通事故抑制対策

近年の交通死亡事故の発生状況を分析してみると、歩行中・自転車乗車中の死者の割合は諸外国と比較して、約2~3倍となっており、これら歩行者・自転車が関連する死傷者事故は生活道路において幹線道路の約2倍発生している状況にあります。

カラー舗装を使用し、カラー化することにより、交通事故を減らすことが期待されます。

通学路安全対策

昨今登下校中の児童が被害に逢う重大事故の発生に伴い、通学路における交通安全対策が必要とされています。

交通安全対策の方法として登下校の時間帯に車両の通行禁止等の交通規制を実施したり、歩道を整備したりする方法がありますが、時間とコストが掛ります。

スクールゾーンにおける、カラー舗装、路面標示による交通安全対策の実施は、低コストで容易に行える手法です。色彩によるゾーン内での歩行者通行空間の明示ができ、ドライバーへの注意喚起と、児童・幼児の安全意識の向上に効果的です。

  • 道路用カラー舗装工
  • 道路用カラー舗装工
  • 道路用カラー舗装工